法人に人気のワークフロー|必要なものを採択して組み上げる

効率化が図れる

システム

産業装置やプラントエンジニアリングの世界では、電気配線の図式化が必ず必要になります。今まではパースから配線まで手書きをして図式化されていましたが、人為的なミスや視認性が悪いことがネックでした。しかし、最近は電気CADを組みこむことができる専用のシステムがあります。この電気CADのシステムが登場したおかげで、業務効率が上がります。また、視認性という点でも飛躍的に分かりやすくなっているので、電気工事の指示がしやすくなっています。こうした電気CADシステムを導入することで、今まで工数をかけていたところや分かりづらかったところが解消されるため専門業界では注目されています。

電気CADを使用することのメリットは、高性能な電気設備設計が明確化できるだけではありません。様々な機能性を使いこなすことで、あらゆる業務に汎用性を持たせることができることです。例えば、電気配線は設計だけではなく材料の調達や製品の組み立てなど色んなところに関わってきます。それぞれ別のシステムで管理すると、複雑になってしまいますがシステム自体を統合すれば作業工程が分かりやすくなります。また、統合されたシステムはリアルタイムで更新されるので、整合性が常に保証された状態で業務を進めることができるでしょう。システムも複数持たないこともランニングコスト削減に繋がるので、企業運営に大きく役立ちます。ただし、電気CADのシステムは機能性が高ければ導入・維持管理にかかるコストの負担も増えるので、バランスを考えて選びましょう。